Application Performance Monitoring

Intuitive, Simple, Dynamic and Smart.

’緻密なテクノロジーと洞察力で
マーケットのトレンドに適用’


APMはアプリケーションをモニタリングする性質上、多くの利害関係者からのカスタマイズ要求があります。 このようなカスタマイズ要求に対応することで、APMの本質とは異なるソリューションになる可能性があります。APMはお客様が見たいデータを表示することのみならず、専門的な領域であるアプリケーションの性能をモニタリングし、分析する製品です。IT環境の変化に伴い、継続的に「どのようにモニタリングし、どのように分析するのが最も効率的で効果的であるか」という本質的な課題を見過ごさないようにすることが重要です。弊社では常に変化するお客様のIT環境をサポートできる実用的な機能を提供できるAPMを目指して日々努力しています。

APM導入の必要性

 システム開発と運用管理には多くのフェーズがあり、さらにこの2つは複雑な依存関係にあります。APMソリューションは一般的に、 システム開発が終了した後、統合性能テストの段階で効力を発揮し始めます。システムが運用開始した後は、APMはアプリケーションの監視および長期的な性能管理を提供します。性能の不具合の大部分は、運用中のアプリケーションの実装問題によって発生しています。

アプリケーション性能管理(APM)は、アプリケーションの不具合、サービスの中断、およびそれらの問題による影響を防ぐために必要不可欠なビジネスインフラです。APMを導入すると、故障の検出、監視および高度な防止技術によって、アプリケーションを安定して運用することができます。

 今日の複雑な企業環境では、エンドツーエンドの監視は、費用のかかる新しいソリューションを導入することで、不要な開発コストと管理コストが増大する場合があります。また、企業内の一部の専門部署の浪費に終わるおそれがあり、投資対効果から慎重に考える必要があります。


APMソリューションを導入する時、一番重要なことは何でしょうか?

効果的な性能管理プロセスの実施

「コストパーフォーマンスを高く、企業システムの可用性を高めるには、性能監視と故障に対してしっかりとした戦略をたて、効果的な性能管理プロセスを実施することが最も重要です。」

 企業がAPMソリューションの導入を考える場合、現在のリアルタイムサービスでの提供および企業内部でのアプリケーションの故障対応の実力を評価すべきです。明確な目標を設定すべきですが、安定した顧客サービスを提供するためのプラットフォームとアプリケーションの問題の根本原因を迅速に把握できることも必要です。

オーバーヘッドの最小化

 監視中の、APM自身のオーバヘッドは最小にしなければなりません。APMはデータを収集し、サービスを監視するため、性能劣化を引き起こす可能性があります。また、特に大規模なトランザクションが発生する環境では、実績が少ないソリューションを導入するとそのようなオーバヘッドの問題に対応できていない場合があります。JENNIFERは、オンラインバンキング、Webポータル、e コマースなど、膨大な数のトランザクションが発生する現場でその性能を実証済みです。

APMの専門レベルが高い製品

 APMにおける実行中のアクティビティが、お客様に提供するサービスの品質に直接、影響する場合があります。そのために安定性が非常に重要です。また、APMは専門ノウハウに基づく監視と分析機能を提供できることは当然のことです。

 JENNIFERは直観的で統合的な性能管理ソリューションで、リアルタイムにデータを提供し、個別のトランザクションを監視することができます。その機能には、Webのリアルユーザ監視、Web環境のトポロジー表示、クラウド環境のサポートおよびHTML 5ベースのマルチデバイス監視があります。既に非常に多くのお客様がJENNIFERを使用しており、その安定性と品質は実証済みです。


JENNIFER導入効果

アプリケーションの統合性能管理

 多様な観点からのダッシュボード、リアルタイムでのユーザ応答時間モニタリングおよびリアルタイムトポロジーマップによって、統合性能管理が可能です。

サービスアベイラビリティの向上

 システムリソース、アプリケーションの性能およびエラーに関する統計データを分析することで、常に最適なサービスアベイラビリティの向上を実現します。

素早いトラブルシューティング

 継続的にモニタリングすることで、性能問題の検出やトラブルシューティングを素早く行うことが可能で、サービスの可用性に影響する障害の予防が可能になります。

顧客満足度の向上

 システムのダウンタイムを最小化し、アプリケーションおよびシステムの総合性能を向上することで、顧客満足度を向上することが可能です。