Application Performance Monitoring

Intuitive, Simple, Dynamic and Smart.

JENNIFERの主要機能


 Webアプリケーションサーバの個々のトランザクションの性能管理がサーバ性能管理の鍵となります。今、新しく設計されたトランザクションの処理技術、迅速なデータの蓄積技術、及び拡張可能なアーキテクチャーにより、JENNIFERは段階的な変化、モバイル、クラウド、およびビッグデータの環境に対応しています。

個別トランザクション分析

 X-Viewを通して実行されたすべてのトランザクションを一目でモニタリングし、スマートプロファイル(Smart Profiling)機能を通して誰でも簡単にどの時点が遅いのか分析することができます。

JENNIFERのX-View

 X-View(応答時間分布図)は実行されたすべてのトランザクションの応答時間を個別点グラフで表現した独特な概念のチャートです。 ユーザはX-Viewを通して全体サービスの応答時間を一目でモニタリングすることが可能です。 また、ボトルネックタイプ別パターンを認知してモニタリングすることも可能です。

 X-Viewは個別サービスのプロファイリング情報の連携分析が出来る機能です。ジェニファーソフトが開発した独自概念のモニタリング方法です。また、トランザクション、ユーザ、アプリケーションなどの多様な観点で分析する機能をサポートします。

スマートプロファイル

 JENNIFERはプロファイルデータを誰でも設定および分析が可能なスマートプロファイル機能を提供しています。この機能は操作が非常に簡単で、マウスによるフィルタ操作とその端末の表示画面におり、トランザクションのパフォーマンス低下や処理遅延が発生しているボトルネックを誰でも素早く、正確に確認することが可能です。

リアルタイムモニタリング

 現在実行中のサービス(Active Service)の状態とスタックをリアルタイムにモニタリングすることが可能です。すべての性能データ(Metrics)を秒単位に分析出来ます。

リアルタイムアクティブサービスモニタリング

 リアルタイム アクティブサービスモニタリングにより、リクエストがWebアプリケーションサーバに到着してからユーザのリクエストが処理されるまで稼働するすべてのプロセスを表すスピードバーグラフを提供しています。

秒単位分析

 統計データは過去データを基盤にシステムリソース、利用パターン、アプリケーション運用パターン、障害発生運用パターンなどシステム性能管理に必要な多様な資料を提供する核心基盤データです。問題は性能管理にこの様な重要なヒストリデータがAPM製品には統計化されて保存管理されています。また、統計化作業は大半平均値を求めて処理しています。その理由は保存されるすべてのRawデータを保存すると今後大容量のデータが蓄積されたとき、大量データをハンドリングする事が簡易ではないためであります。そのため、統計データを平均値中心に提供する際、データの平均化により性能管理で実際重要に扱う要素であるPeakデータが自然に平均に隠れてしまうため、ヒストリデータ分析時、データの損失の恐れがあります。

Per-Second-Analysis_JENNIFER_APM

 JENNIFERは’秒単位保存処理メカニズム’により、お客様が求められる時点のリアルタイムデータを比較分析出来る機能をサポートします。お客様はこの機能により、性能低下、障害の原因を明確に分析する事が出来ます。


リアルタイムダッシュボードとトポロジービュー

 ロールベースダッシュボードにより担当者別に必要なダッシュボードを選択的にモニタリング出来ます。リアルタイムトポロジービューによりWebサービスを中心にコネクションされている区間のリアルタイムモニタリングが可能です。

ロールベースダッシュボードビュー

 Webシステムモニタリングはビジネスとクラウドおよび大規模システムを管理する管理者の関心の対象にもなっています。ビジネス管理者は運用中のビジネスが正常処理されているのか、お客様はそのビジネスに満足しているのかに対するお互い異なるビジネス観点の性能モニタリングが必要です。そのため、JENNIFERはWebシステム運用に必要な性能モニタリング項目の連関関係を簡単に認知出来るようにロール基盤ダッシュボードビューを提供します。


ダッシュボード

 JENNIFERのダッシュボードはシステム管理者、マネージャまたはマルチドメインのいずれかに統合されたダッシュボードです。これにより、提供するメインの監視方法を決定します。専門ではない方のために、簡単に理解できる情報および特長を紹介しています。

マネージャダッシュボード

マルチドメイン統合ダッシュボード


Webサービスリアルタイムトポロジーマップ表示

 シリアルタイムトポロジーマップ表示は、企業全体のWebシステムを可視化するための中心的な機能です。 既存のブラックボックス化されているWebアプリケーションサーバ(APサーバ)内で処理されるすべてのトランザクションをモニタリングします。 APサーバを中心に統合されたサービス(データベース、外部サービス、HTTPなど)間に発生するトランザクションまでリアルタイムでモニタリングすることが可能です。

 
JENNIFERリアルタイムトポロジービュー

リアルタイムボトルネックのモニタリング

 システムおよび応答時間のデータを使用すれば、ボトルネックを直観的にモニタリングできます。例えば、データベース(DB)の二重化による、負荷分散状況をモニタリングすることができるため、障害の発生を事前に阻止することが可能です。

トランザクションの応答時間分布図(X-View)分析

 X-Viewを使用し、APサーバ内で実行されるすべてのトランザクションを直観的に把握し分析することができます。

REAL-TIME TOPOLOGY VIEW
 

大規模サイトのグループ化によるモニタリング

 大規模Webシステムの場合、複数のインスタンスを使用して同一サービスを実行します。リアルタイムにインスタンスをグループ化することにより、モニタリングが可能になります。

クラウド(Cloud)環境サポート

 クラウド環境でのオートスケーリング(Auto Scaling)機能をサポートし、拡張可能なアーキテクチャを基盤に大規模サービスに対する統合モニタリングをサポートします。

 最近ITトレンドの大きい変化の一つはクラウドです。セキュリティ、安定性などの問題で核心サービスはまだ企業内で運用していますが、グローバルを目標とするモバイルサービスを中心にクラウド環境への転換が活発に行われています。JENNIFERは次の三つの機能により、クラウド環境でのアプリケーション性能モニタリングをサポートします。

  • 拡張されたインスタンスに対する自動認識 (Auto Detection)
  • 大規模サービスに対する統合ダッシュボード
  • 統合エージェント管理(一括配布及びアップグレード)

 インスタンス数の増減をリアルタイムでモニタリングできます。トラフィックに応じてインスタンスが増加しないシステムの場合、自動スケール機能により、インスタンスの増加処理が可能になります。


大容量処理及び分析

 JENNIFERのレポジトリは、柔軟性および拡張性の高いアーキテクチャーで設計されています。ユーザは膨大な性能データを保存し、素早く比較・分析することができます。

 
 

Webサービスユーザ応答時間モニタリング

 Webサービスを利用する実際ユーザの体感応答時間をモニタリングする機能です。別途のエージェントインストールなくWebサービスを利用するユーザのブラウザでサーバまでの全区間に対する応答時間をモニタリングすることが可能です。


負荷量制御(Peak Load Control,PLC)

 PLCはユーザが定義した閾値によりサービス負荷を制限する機能です。JENNIFERのリアルタイムアクティブサービスモニタリングを基盤に動作します。 本機能は予想以上のユーザが急増した場合(例え、学校の履修申請、チケット予約、サービスオープン、ショッピングモールイベントなど)トランザクションが急増した場合、運用中のサービスが止まる危険性を防ぐことが出来ます。 ユーザは定義した閾値に達した場合、重要度が高いサービスのみ実行する、重要度が低いサービスは制限するなどの必要なサービスを選別的に指定して利用することが出来ます。

 PLCが動作するとサービスを利用出来ないユーザに現在該当リクエストが処理されない理由をユーザブラウザでお知らせします。

  • 指定されたテキストメッセージ表示
  • 指定したHTMLページへリダイレクト

 ​閾値を超過してPLCが動作する場合、ユーザはダッシュボードのスピードメータでその状況をリアルタイムでモニタリングすることが可能です。